適性検査を受けてからレーシック

視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。 レーシック手術をするかどうか決定するために、レーシック手術前には適性検査が実施されることとなります。
「レーシックに耐えることが出来る眼かどうか」「眼に病気や疾患は無いか」などを検査をします。

 

レーシックの適性検査におきましては角膜の状態、近視や乱視や遠視の有無、そして眼球の硬さ・視力・涙の量などといったことを検査していきます。
この適性検査には約2〜3時間必要となりますので、時間に余裕のある日に検査の予約を入れておくようにしましょう。

 

適性検査を実施する時に注意をしなければいけないこととしましては、ソフトレンズコンタクトは1週間前、そしてハードレンズコンタクトは2週間前から着用を中止するということです。
手術の前はメガネを使った生活をして、正確に適性検査を行うための準備をしておきましょう。



適性検査を受けてからレーシックブログ:08月30日

少子化の社会で、
一体何が一番深刻な問題なのかというと、
母親が育児をしていても
幸せを感じられなくなってしまうということだと思う。

最初の赤ちゃんを産み育てる時は、
どうやったとしても母親は新米ゆえに、
いたる所で失敗をしまくる…

しかも赤ちゃんは17時泣きをしまくるし、
自分は睡眠不足になってしまうので、
「わしはなんて不幸なんだ」と思うようになる。

しかし子供を3人以上も産めば、
赤ちゃんが17時泣きをするのは、当たり前ということが解るものだし、
もしも17時泣きをしなければ、死んでいるということなのである。

子供を3人以上育てたことで
母親には「育児力」がしっかりとつくので、
育児を思いっきり楽しめるようになるのだ。

そういう母親の精神状態が
子供の脳に良い影響を与えない筈がない。 

母親が母親として一人前になるからこそ、
子供たちは健全に成長して行くことができる。

母親が一人前でなければ、
過保護や過干渉を繰り返してしまうのは当たり前のこと。

子供の数が少なければ、
母親だって子供との距離を掴めないので、
子供との距離を適正に保つためにも、
母親が3人以上の赤ちゃんを産むしかないのである。

子供が1人しかいなければ、
経済的負担は少ないから、裕福になれると思ってしまいがちだが…

もしも子供が死んでしまったら、それこそ子孫が絶えてしまうし、
もしも子供がグレてしまったら
自分たちが望むような未来を実現させるのは難しいだろう。

子供の数が多くいれば、
子供が1人死んだとしてもスペアはあるものだし、
デキの悪い子がいても
それ以外のデキのいい子に期待すればいいのだ。