レーシック後の視力維持は本人次第

思い切ってレーシックをしてみようと思ってもなかなかそれを実行に移すのは悩むことだと思います。
まずはレーシック口コミサイトや情報サイトなどを確認してレーシックについての知識をしっかりと理解しておきましょう。 レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。

 

レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。

 

今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。



- お勧めの情報 -

LED電光看板の優良サイト
LED電光看板クリック
URL:http://led-pro.co.jp/effect/about.html


レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:04月14日

なんか、今日は気分が悪いです

一日に必要な栄養を手軽に摂れるサプリメントは、
食事で不足した栄養素を補うために飲むものです。

サプリメントは
「薬」ではなく「栄養補助食品」です。
栄養素がたくさんつまった食品として考えると分かりやすいですね。

サプリメントを飲むタイミングは色々ありますが、
食事の前より後がおすすめです。

食事をすると消化器官が活発に活動するため、
食べ物と一緒に摂ることで消化吸収されやすくなります。

サプリメントは一日分を1回で満たせるものや、
数回に分けてとるタイプのものなど様々ですが、
特に水溶性ビタミンの場合は、
一日に2〜3回に分けて取り入れるのをおすすめします。

水溶性ビタミンのB群やビタミンCは、
一度に大量に摂っても尿として流れてしまうため、
数回に分ける方が肉体にうまく取り入れることができますよ。

また、脂溶性ビタミンの中でも
ビタミンA・D・Kは摂りすぎると
過剰症になる危険性があるため、
一日分の表示を確認して、適度の摂取を心がけましょう。

サプリメントを飲むときの飲み物は、
水かお湯がおすすめです。
水は栄養をいち早く小腸に運ぶことが出来ます。

逆にお茶やコーヒーは、
タンニンやカフェインの作用により
ミネラルの吸収を妨げることがあるので
避けたほうがよいでしょう。

サプリメントは
あくまで栄養を補うための補助食品です。

食事そのもののかわりにはならないので、
「食事を摂らなくてもサプリがあるから・・・」と
サプリメントだけに頼るのは避けたいところです。

まずは一日3食バランスのとれた食事。
その食事の補助として、サプリメントを上手に利用しましょう!

――――――以上で今日の報告を終わります。