老眼治療もレーシックにお任せください

もしこれからレーシッククリニックを探そうと考えているのでしたら、簡単な気持ちで探してはいけません。
最も大切なことは医師の経験であり、口コミサイトなどで数々のレーシックに関する情報収集をするようにしましょう。 最近、均等に効果を出すことの出来る最新技術のレーシックが注目されています。
モノビジョンレーシックと呼ばれているレーシックであり、遠くと近くがよく見える目を矯正することの出来るレーシックの種類です。

 

老眼鏡というのは「遠近両用メガネ」とも言われているように、遠いところと近いところ両方を見えるようにするメガネです。
モノビジョンレーシックというのは、それと同じ効果を手術をすることによって実現することが出来るのです。

 

モノビジョンレーシックを実施することによって、あなたの生活環境に大きな変化が現れることでしょう。
補助器具であるメガネもコンタクトレンズもいらない、自然体な裸眼生活は快適なものとなるハズです。



老眼治療もレーシックにお任せくださいブログ:07月04日

シェイプアップ中は、
食べる事は一日3食バランスよく摂ることが大切なんですが、
毎食どれくらいの割合で摂ればいいのか気になりますよね。

理想の食べる事摂取カロリーの割合は、
朝方:お昼:夕=3:4:3とされています。

例えば…
一日の目標摂取カロリーが1800kcalの場合は、
朝方食540kcal、お昼食720kcal、夕食540kcal
となるわけですね。

必ずしもこの割合でないといけないという事はありませんが、
お昼食に重点を置き、
朝方食と夕食は軽い食べる事で
済ませるというのがポイントです。

夕食はどうしても豪華になりがちなので、
食べ過ぎることもなくなりますし、
胃にもやさしいですよ。

シェイプアップ中でカロリーが気になったり、
食べる事のボリューム感が足りない時は、
肉や魚などのたんぱく質を少し控えめにして、
きのこや野菜・海藻類などをたくさん取ると、
食物繊維も取れるし、
腹の満足感も感じられるのでおすすめです。

食べる事の時間が不規則で
腹が空いてしまった場合は、
間食におにぎりやバナナなどを取り入れてみましょう。

腹が減ると血糖値が下がるため、
思考回路や集中力が低下したり、力が出なくなりますが、
間食を取り入れることで改善できますよ。

また夕食が23時遅くなってしまう場合は、
野菜中心の軽めの食べる事にしてみましょう。

23時は消費カロリーが昼に比べ少ないので、
高カロリーのものを摂ってしまうと
脂肪として蓄積されやすくなるので注意が必要です。

食べる事はバランスが大切です。
朝方・お昼・夕を規則的に取るのが難しいのなら、
賢く間食を利用して
食べる事を上手にコントロールしましょう!