レーシックにおけるリスクを理解しよう

最近非常に多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックによって視力を取り戻しています。
その影響もあってか一般の人達もレーシックに興味を持ち続々とレーシックを受けているのです。 レーシック手術のリスクについて最も多く寄せられることというのが、「失明をしてしまうリスク」なのではないでしょうか?
レーシックというのは角膜の手術となっているので眼球内部は触れませんので、失明の危険性はほぼ無いのです。

 

レーシックで注意をしなければいけないこととしまして、レーシック専門のクリニックの先生に実施してもらうことです。
安全なレーシック手術ですが、医師が能力不足の場合ですと、感染症や合併症などのリスクが高まってしまうことは言うまでもありません。

 

まず最初は、豊富な経験や実績を持っているクリニックと医師を探すようにしましょう。
経験豊富な医師によってレーシックを受けた場合におきましては、失明のリスクはほぼ無くなることでしょう。



レーシックにおけるリスクを理解しようブログ:01月12日

みなさんは
「ねっころがり減量」ってご存知ですか?

「ねっころがり」といっても、ただ寝ているだけ…ではなく、
専用のボール(ボールは筒状のもの。それにかわるものでもOK)を使って
からだを減量動かす法です。

ボールの上にからだを置き、
寝っころがった状態で簡単なトレーニングをします。
つまり、筋肉をほぐすことにより代謝を高めて、
痩せやすいからだを作るというのが、
この減量法の目的です。

ねっころがり減量の方法はとっても簡単ですから、
誰にでもスグに始めることができますよ!

ボールの上に首・背中・腰を一直線に置き、
うでや足を上下左右に伸ばしたり、
コロコロところがってからだを動かすだけです。

専用のボールがなければ、マットを丸めても大丈夫。
ただ、自作だと使っているうちに変形してしまうので注意してくださいね。

この減量は
不安定なボールの上で寝っころがった状態で行います。
そのため、バランスが要求されるのです。

バランスを保ったままトレーニングすることで、
普段、鍛えづらい
からだの中のインナーマッスルを鍛えることができます。

インナーマッスルはからだを引き締める筋肉なので、
この筋肉を鍛える事で基礎代謝が上がり、
痩せやすいからだになるのです。

また、骨盤の歪みの矯正や姿勢をよくする効果も期待できます。

もちろん、
ねっころがり減量をしているからといって、
すぐに痩せるわけではありません。

24時間3食のバランス良い食べる事と、
適度なトレーニングも合わせてくださいね。